制度の詳細

Pocket

障害年金制度においては、その認定される「等級」において、給付される金額が異なります。

主に障害年金の等級は一級から三級に分かれており、級が上がるにつれて症状は重くなります。(紹介する条件は、分かりやすく記述し直しています)一級に当て余る症状として、「視力が0.04以下」、「聴力が100dB以下」、「上肢。下肢全ての指の欠損」、及び「機能障害」、重度の「精神障害」などの症状が当てはまります。症状の重さについてはこれらに度合いの上限はなく、設定されている条件よりも重い場合も第一級と認定されます。
第二級は、「視力が0.05以上、0.08以下」、「聴力が90dB以上」、「言語機能障害」、「上肢・下肢いずれか全ての指の欠損」や「関節以上の欠損」などの症状が条件として制定されています。三級は、「視力が0.1以下」、「聴力が通常より低い」、「上肢・下肢において三指以上の欠損」、「著しい労働制限を受けているもの」、といった症状が挙げられています。これらは医師の診断により、それぞれ等級が制定されます。

これらの等級により障害年金の支給額が変動しますが、最初のページで紹介したとおり、他に年金加入への有無、配偶者の有無、子どもの有無などによっても支給額は変動します。

Pocket