申請の方法

Pocket

障害年金を受け取る為には、役所または年金事務所に申請する必要があります。「年金請求書」を提出して認められ初めて障害年金を受給できる資格が得られることになります。障害年金の請求日に関してですが、もし障害があるという認定を受けているなら、初診日(最初に診察を受けた日)からは障害年金の申請が可能になります。
場合によっては、初診日から症状が重症化することもありますが、その場合でも、申請することは可能です。あくまで症状が固定化されてからの度合いで判断されます。また、未成年の支給に関しては、国民年金未加入であっても20歳の成人後に障害等級を有している状態であれば障害年金の支給を受けることができます。

支給そのものに関しては、支給対象者の年齢が変わる際に、「現況届け」を提出する必要があります。現況届けとは、基本的には誕生月が来た時に申請するものであり、対象者が暮らす家庭に送付されることがあります。提出の必要が無い場合は、送付されません。また、何らかの理由で年金自体が支給停止となっている方なども、現況届けが送付されない場合があります。自分が現況届け提出の対象となっているかどうかは、年金ダイヤルや年金相談センターに確認することができます。

Pocket